MT:ブログ記事投稿と同時に Twitter へ更新通知を Tweet するプラグイン「PostToTwitter」

エムロジック放課後プロジェクトさんの Movable Type で投稿した記事のタイトルと、パーマリンクの TinyURL を Twitter へ投稿するプラグイン「PostToTwitter」を導入しました。

導入は簡単で、エムロジック放課後プロジェクトさんのページから「PostToTwitter」をダウンロードします。

エムロジック放課後プロジェクト - MovableType用PostToTwitterプラグイン v1.1.1

ダウンロードした zip または tar.gz ファイルを解凍し出来たファイルの「Plugins/PostToTwitter」ファルダを、Mobable Type の 「plugins」フォルダへアップロードします。
アップロード後、Mobable Type へログインし、ブログの「ツール > プラグイン」画面へ移動し、プラグイン一覧に「PostToTwitter」がある事を確認します。

PostToTwitter Plugin 設定画面

正しくインストールされていたら、「PostToTwitter」の設定画面を開き、Twitter のユーザ名とパスワードを入力します。

初期設定では、記事を編集し保存する度に Twitter へ投稿されていましますので、「エントリーの状態を未公開(下書き)から公開に変更した場合に投稿します。」のチェックボックスへチェックを入れ、未公開(原稿)から公開へ変更し保存した場合にのみ投稿するようにします。

ブログクライアントに「ecto」を使用してる場合は、「XML-RPC newPostメソッドを無視します。」のチェックボックスへチェックを入れます。
これは、ecto から記事を投稿した際、Twitter に連続して 2つのエントリーが投稿されてしまい、1つ目のエントリーには正しくないURLが含まれてしまうという現象の回避策の為です。
ボクは、ブログクライアントに「MarsEdit」を使用していますが、こういった現象は発生していませんので、チェックは外しています。

設定が完了したら「変更を保存」をクリックし「PostToTwitter Plugin」の設定は完了です。実際に、記事を書いて投稿してみましょう。正しく Twitter へ投稿されると下図の様に表示されます。

PostToTwitter Plugin 記事投稿例

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム