手書きメモ:書き疲れない手に合う "ペン" が欲しい

手書きメモをする習慣 - ペンについて

手書きメモをする上で、使い易いノートを探す日々があるのとお同じ、もしくは、それ以上に "ペン" も重要な要因であると思いました。

今は、よく粗品として配られる、グリップ部にゴムがついたボールペンを使用していますが、手書きメモを始めてから、筆圧のコントロールがうまくいかず、すぐに親指の付け根が痛くなってしまいます。
思い当たる節としては、学生時代に毎日とっていたノートを、社会人になってからは、必要がなければ、鉛筆はおろかボールペン 1本ですら手にする事がなく、書くという事を怠ってきた為に、疲れないペンの持ち方と、疲れない筆圧を忘れてしまっているのかもしれません。
これは、自分でも、持つ手、紙に押し付けるペン圧に力が籠っているの分かります。
その副産物として、我ながら字が汚い。
自筆の文字は、当然の事ながら、自分で解読することは可能です。ですが、とても人にはみせられたものではありません。

以上の点を解決する為に、持ち易く、いくら書いても疲れないペンを探したいと思います。
と、いきたい所ですが、特殊なペン、お気に入りのペンに依存する事なく、汎用的にも使える、疲れないペンの持ち方、書き方から模索していきたいと思います。
模索と言っても、数を書いていれば、自然と見つかるとは思います。
継続する事、習慣成り。続けていきたいと思います。ページを埋めていく文字を見るのも、また楽しみの一つになりつつあります。

Moleskine Plain Notebook Large
Moleskine
Moleskine
売り上げランキング: 75
Appshocker
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム