iPad は賛否両論

iPad

Apple から発表された iPad、ネット界隈では様々な賛否両論な意見がでています。

否定的な意見としては、マルチタスクじゃないから、iPad をノート PC の代わりと考えると、ネットをみながら Twitter が使えない。アプリを常駐しておく事が出来ないから、バックグラウンドタスクでアプリを実行できない。
全面、後面にもカメラ非搭載。ネットブックでさえ Web Cam は標準搭載されており、今やメッセンジャーでビデオチャットなんて当たり前。写真を撮影して、 Flickr や Facebook にも投稿ができない。ソーシャルなコミュニケーションが発達した今、コミュニケーションデバイスとして使うには致命的。
ソフトキーボードはイマイチ。実際に手に持ってタイプしてみると、かなりタイプしづらく、テーブルに置いてタイプしてみると、iPad の背面はフラットではないので、グラグラして安定感に欠ける。
Web コンテンツに Flash を使用するのは決して珍しくない。Web ページをブラウズ中に、突然、画面に穴が開いてしまうのはスッキリしない。
他にも、SD カードスロット非搭載、アダプタが少なく色々な機器を接続出来ない等と言った意見も出ています。

しかし、肯定的な意見としては、逆にマルチタスクではないので、音楽を聴くにも、ブログを書くにも、余計なものがないから集中出来る。
その大きさの為、今までは小さい画面に目を凝らさなければならなかったが、iPad は、その必要がなくなる。

ちょっと面白いと思ったのは、iPad を 2つ目のモニタとして考えた場合という意見。
Mac の Spaces 等、バーチャルデスクトップも良いですが、デュアルモニタがある状態に慣れてしまうと、便利さ故に、シングルモニタ環境には戻れないと言います。実際、自分も一時期はデュアルモニタ環境で PC を使用していた事があり、今でも、モニタがもう1つ欲しいなと思う事があります。
iPad を 2つ目のモニタと考え、メイン PC の横に置いておけば、デュアルモニタそのもの。しかも、持ち運びが可能。

こうして考えると、iPad の利用価値というのを膨らんでくるのではないでしょうか?
正直、iPad は、もっと Mac らしい何かを想像していたので、iPhone / iPod Touch の延長的な内容に落胆がなかっ訳ではありません。
しかし、不満だからと言って他の意見を見ないでいると、様々な価値を見落とす事にもなりかねません。

iPad 発売までには、まだ時間もありまし、今後もレビューが出てくるかと思います。
そうした情報を元に、自分に必要な、不要なデバイスであるかを判断してみてはいかがでしょう。

Appshocker
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム