Microsoft ソーシャル携帯「KIN」発表

Microsoft KIN ONE, KIN TWO

Microsoft がソーシャル携帯「KIN」を発表しました。
Microsoft「KIN」は、若者向け端末 / サービスの SideKick 系統の端末で、これまで Project Pink と呼ばれていた携帯電話端末だそうです。

今回の発表では、KIN ONE, KIN TWO という2つの端末と Web UI の KIN Studio が公開されています。
端末の位置づけとしては Windows Phone 7 に分類されますが、Windows Mobile とも Windows Phone 7 とも別の「ソーシャルライフ」向けの端末となっており、サードパーティアプリが無い独自の統合 UI を備えています。

独自の UI で特徴的なものが「Loop」と「Spot」で、「Loop」には登録した Twitter や Facebook などのメッセージが流れ、「Spot」に写真、メッセージ等をドロップする事で SNS やメールで簡単に共有する事が可能となっています。
「KIN」に保存されたデータをバックアップ、同期をするが Web UI の「KIN Studio」だそうです。

SideKick と言うと「ユーザデータを全て失った!」なんて話題になった事もありますが、端末とサービス内容には興味がありです。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin