Mac OS X 10.6.6 リリース、Mac App Store オープン

Mac App Store

Mac OS X 10.6.6 がリリースされました。これに合わせ、Mac App Store もオープンしています。

Mac OS X 10.6.6 アップデートを Mac OS X Snow Leopard を実行しているすべてのユーザに推奨します。 このアップデートでは、一般的なオペレーションシステムに関する問題が修正され、お使いの Mac の安定性、互換性、およびセキュリティが向上します。 また、このアップデートには「Mac App Store」が含まれています。「Mac App Store」は、お使いの Mac 用の新しいアプリケーションを見つけて購入するのに最適な方法です。この新しいアプリケーション「Mac App Store」は Dock に表示され、以下の機能を提供します。

  • Mac 用アプリケーションを見つける:おすすめのアプリケーション、トップチャート、カテゴリをブラウズしたり、特定のアプリケーションを検索したりできます。アプリケーションの説明やユーザによるレビューを読んだり、スクリーンショットを見ることもできます。
  • 購入してインストールする:iTunes アカウントを使って簡単に購入できます。アプリケーションは、ワンステップでインストールでき、Dock からすばやくアクセスできるようになります。
  • アプリケーションのアップデート:Mac App Store ではアプリケーションの購入履歴が管理されていて、無料のアップデートが利用できるようになると通知されます。

Mac OS X 10.6.6 アップデート
Mac OS X 10.6.6 統合アップデート
Mac OS X Server 10.6.6 アップデート
Mac OS X Server 10.6.6 統合アップデート

Mac App Store は、iTunes の iOS App Store の Mac 版といった感じです。
App Store から有料アプリケーションなら「購入する」、無料アプリなら「無料」ボタンをクリックするだけで Mac にアプリケーションがダウンロード&インストールが行われます。

いくつかアプリケーションをダウンロードしてみましたが、まず、 Store オープン前からインストールしていたアプリケーションは購入ボタンが「インストール済み」と表示されています。
ですが、Store で公開されいるバージョンとインストールされているバージョンが違うと「インストール済み」にはならない様です。


App Store:v1.0.1 < > Mac:v1.0.0
App Store:v1.0.0 < > Mac:v1.0.1

この他、使ってみて疑問に思った点としては、Mac App Store のアップデートは「購入済み」のアプリケーションが対象で、Mac App Store で購入していない「インストール済み」のアプリケーションも対象になるのか?という事。
過去にデベロッパのウェブサイトで購入したものが、Mac App Store で販売されている場合の「ユーザが購入した」という事の扱い。

アップデートが購入済みアプリケーションに対してのみだった場合、デベロッパのサイトからアップデートをダウンロードする事になり、Mac App Store のシンプルで新しい方法を活かせません。
また、仮に、デベロッパがアプリケーションの流通を ウェブサイト販売から Mac App Store だけに切り替え絞った場合、Store で購入した記録が無いのでマイナーアップデートであっても Mac App Store で再購入を行う必要性も出てくる可能性もあるかもしれません。

Mac App Store は良いとは思うのですが、今のところ、こうした見方です。

Mac App Store

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム