Windows XP から Windows 7 Pro+XP Mode へ移行、雑感

自宅の PC ではないですが、Windows XP Pro から Windows 7 Pro + XP Mode へ移行しました。

Windows 7 へ移行した理由としては、IE 9 が Vista 以降の対応となる事が要素のひとつです。が、どんな事でも、何かしらの動く要素が無い限り、全く変わる事が無い環境に苛立ちに似たものを抱いたのが、恐らく、最も大きな要素ではないかと思います。
個人的には、ダウングレード権とか言う分けわからんものを追加して Windows XP で使っていたので、封も切られていない Windwos Vista で全く構わなかったのですが。。。

率直な感想を言うと、Windows 7 は Windows XP よりも良いと思います。Aero を OFF にしたり、ウィンドウの半透明を無効にしたりと言った事を行わなくても、全体的にレスポンスもよくキビキビと動作しています。OS の起動も Windows 7 の方が速いです。
UI は Windows XP から変更されていますが、XP の時はこうだった、XP のこの機能が便利だったという前提は捨てて、Windows 7 はそういうモノなんだと思えば特に苦もなく使えます。文句を言っても変わるモノでもないですし。

気になる XP Mode ですが、所詮は Virtual PC の仮想環境、オマケ程度です。メインは張れません。
XP Mode は、Windows 7 で動作しない古いアプリケーションを使えるようにする機能と言われていますが、Windows XP がそのまま入っているのだから動くのは当たり前です。メリットと言えるのは、XP Mode の Disk Image でバックアップが容易であることと、仮想環境のデスクトップが表示されないくらいですが、既に VMWare Fusion の Unity Mode や Parallels Desktop の Coherence Mode 等があるので真新しいものでもありませんし、デメリットの方が目立つと思われます。

まず、仮想環境へのメモリ割り当てを変更しておかないと XP Mode の動作が重くなります。かと言って、仮想環境へのメモリ割り当てを増やしすぎると、XP Mode がそのまま PC 全体の負荷になる場合があります。
最大のデメリットは、Windows 7 と Windows XP という2つの OS を管理しなければならないので、Microsoft が Windows XP のサポートを継続する限りは、月例パッチの適用や AntiVirus ソフトのウィルス定義ファイル更新をそれぞれの OS で行う必要があり、手間になります。
よく、タスクバーに更新通知が表示されたまま使い続けている方を見ますが、2つの OS を管理する事は可能なのでしょうか?

また思うに、Windows 7 にしても XP Mode でソフトをアップデートせずに使い続ける事が出来ると言うのは短絡的ではないかと思われます。アップデートに掛かる費用が高額になる場合もありますし、用途や使用しているソフトによっては必ずしも必要とは言えませんが、最新の OS を使うなら、最新の OS に対応したバージョンのソフトウェアを使用した方がマシです。

この XP Mode も絡む、後から出た Windows Vista より Windows XP の方がサポートライフサイクルが長いという状況を創り上げてしまった Microsoft の戦略にも一因があるのでは?と思います。
もっと早い段階、例えば、Windows Vista SP1 や SP2 あたりのアップデートで XP Mode を搭載し、Windows 7 では切り捨てるといった事をしていれば、少し状況は変わっていたかもしれない。と、 XP Mode を使いながら思いました。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin