SMS の事業者間接続が 2011年7月13日より開始

これまで同じキャリア同士でなければ送受信が出来なかった SMS(ショートメッセージサービス)が、キャリアを意識する事なく使用可能になる、第3世代携帯電話(3G)における SMSの事業者間接続が 2011年7月13日から開始されます。

事業者間接続を共同発表を行ったのは以下の 5社です。

また、これに伴い 1通あたりの送信料が改訂され、NTT docomo、KDDI、SoftBank Mobile が 1通 / 3.15円、イー・アクセスが 1通 / 2.1円となっています。※ 国内へ送信する場合の料金です。

NTT docomo - ショートメッセージサービス(SMS)の送信料を改定
KDDI - 他社携帯電話とのCメール相互接続の開始および迷惑Cメール対策の強化等について
SoftBank Mobile - 他事業者の携帯電話へのSMS送信料について
イー・アクセス - 他社携帯電話とのショートメッセージサービス(SMS)提供について

異なる事業者間で利用出来なかった為、日本では E-Mail でメッセージをやりとりする方法が一般的ですが、宛先に電話番号を使用する SMS は海外で広く普及しています。

E-Mail アドレスを変更すると、変更した事を友人、知人に伝えなければなりませんでしたが、事業者間接続が開始された事により SMS が普及すれば、そうした手間も省けるの省けるのではのでないでしょうか。MNP で電話番号を変更せずにキャリアを移動する事も可能ですし。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin