iPhone アプリプロモコード BOX

iPhone App のプロモーションコードを登録して、一般の方に試用して貰い、フィードバックをして頂けるサイト「iPhone アプリプロモコード BOX」に、先日、13個のプロモーションコードを登録してみたところ、1日で登録数一杯にダウンロードが出ました。
そして、フィードバックが 11件ありました。
フィードバックは、普通、良かった、良くないという評価とコメントが貰えるのですが、評価は以下の通りでした。

  • 良くない:1
  • 普通:5
  • 良かった:4
  • とても良かった:1

評価は、自分としては悪くはないのかなー?と感じます。

頂いたコメントも、割と的を突いた内容のものもありましたので、その抜粋と回答を書きたいと思います。

1. アプリの起動をせずに一定の時間が経過したら、自動的に設定したテキストを挿入すると便利になるのでは?

まず、これは iOS の仕様上、難しい、向いていないと思う部分があります。
iOS 4 からマルチタスクに対応し、アプリのバックグランド動作が可能となっていますが、iOS でバックグランドタスクのタイムアウトが 10分間となっています。例えば、10分以上の時間間隔で定期的にバックグランドを行うのは残念ながら出来ません。
アプリを作り始めた当初、考えた事もありますが、タスクの制約に加え、別のアプリでコピーを行った直後に WipeWrite PB でクリップボードの書き換えが行われる可能性も考慮されるので、ユーザ操作には向かないのでは?と判断しました。

この辺りは、1Password を開発、販売する AgileBits でも何らかの方法を模索している様です。

iOS 版 1Password のクリップボードについて問合せをしてみた

2. ユーザーテキストのコピー時のポップアップ表示は [user 1] ではなく、内容を表示させる良い。

自分では気が付かなかった、もっとなご意見でしたので、作成中の v1.0.9 で対応しました。

WipeWrite PB:v1.0.9 アラート表示の変更

3. ユーザーテキストを四枠くらい追加し、ホールドやスワイプの上下左右などのジェスチャーも追加したらより良くなると思う。

現在、タップ、ダブルタップ、スワイプ、シェイクの 4のジェスチャーが設定可能で、コピーする内容も 14個(未設定も含めると 15個)となっていますが、ジェスチャーに関しては、増やすのは妥当ではないと思っています。
WipeWrite PB は、簡単な操作でコピーが行えるというのを主としていますので、ジェスチャーを増やしたとして、どのジェスチャーに何が設定してあるのか?覚え切れない、分からなくなるという可能性もあります。
そうした場合、アプリを操作する前に設定内容の確認、思い出すという溜めが発生してしまいます。さっと使えずユーザビリティが悪くなってしまいます。ですので、4つ程度が良いのではないかと考えています。

大体、こう言ったところになります。

数ある iPhone / iPad App のレビューサイトも紹介して頂ければ、それだけでもデベロッパにとってはアプリを知って貰えるチャンスですが、取り上げられるかどうかが分からず、SNS などでプロモーションコードを配布したとしても、ダイレクトにレビューが返ってくる可能性は低いと思います。
「iPhone アプリプロモコード BOX」では、コードを利用するユーザに対し、レビューをお願いするのを前提としているので、レスポンスは高めだと思います。
プロモコードが余っているデベロッパの方は、プロモーションも兼ねて試してみる価値があるのではないでしょうか。

iPhone アプリプロモコード BOX
WipeWrite PB - iTunes App Store

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin