Apple 電子書籍作成アプリ「iBooks Author」リリース

iBooks Author

Apple から、教科書とカリキュラムを再発明するアプリ「iBooks Author」「iTunes U」「iBooks 2.0」がリリースされました。

「iBooks Author」は、Mac App Store から無料でダウンロード出来る、iPad 向け電子書籍作成アプリケーションです。
iBooks Author では、文章や画像、動画が書籍に埋め込みはもはもちろん、HTML や Javascript を使った Widget の作成も可能となっており、所謂、マルチメディアな電子書籍の作成が出来るそうです。※ MS Word のファイル読み込みも可能。
作成した書籍は iBooks Author から iBookstore で販売が可能で、価格は無料から 14.49 USD まで設定できます。取分は iOS App と同じで 70% となっています。
ただし、有料で販売する書籍については iBookstore 以外で販売が行えない様になっているそうです。無料の場合は自由に配布可能。
※ 販売には、iTunes Connect のアカウントと作成した書籍を iTunes Producer でストアに登録する必要があります。

iBooks Author で保存される「.iba」形式、Store 用にパッケージされた「.ibooks」形式は EPUB の独自拡張になっており、一般的な EPUB ビューワーでは表示が崩れてしまうそうです。構造的には EPUB 2 に準拠しているとか?

iBooks Author で作成された「iBooks テキストブック」の閲覧には iBooks 2 をインストールした iPad が必要となっています。

iTunes U

iTunes U は、これまで Stanford、MIT など大学の教育コンテンツを集めた iTunes のサービスでしたが、新たに iOS App としてリリースされました。
iOS App 化された事により、世界中の教育コンテンツを iPhone、iPod touch、iPad で閲覧する事が可能となっています。
日本の大学では、東京大学、早稲田大学、明治大学、慶応大学(湘南藤沢キャンパス)がコンテンツの配信を開始しています。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin