アプリの広告と雑誌の広告

iPhone, Android のアプリには、販売価格が無料の場合、広告が表示されるものがあります。
アプリの広告は、人にもよりますが「広告くらい表示されててもいいよ」という人もいれば、広告が邪魔だから「85円の Remove Ads 買って広告をけすぜ!」という人もいます。
しかし、有料アプリで広告が入っていたらどうでしょう。「有料アプリなのに、なぜ、広告が入っているだ!」と、大なり小なり思うかもしれません。
売る側としては、アプリを売って、広告収入も入る。商売として継続的な収入を得られるのでよいでしょう。間違っているとは個人的には思いません。
広告を掲載する側からすると、少額のアドオン購入で広告掲載が止まってしまうので、良い印象は少なからず無いでしょう。

じゃあ、これと同じ事を雑誌で見てみます。
雑誌の殆どには必ず広告が入っています。ですが、お金を払って購入した雑誌に広告が入っていても誰も文句は言いません。
文句を言うとしたら、広告掲載主が誤字ある、色が違う等、クレームが入る事あたりですかね。

アプリと雑誌、媒体や広告の種類、掲載位置などの違いはありますが、雑誌は、売上と広告のスポンサード収入を得るのが良くて、アプリは、売上と広告のスポンサード収入を得るのが良くないと感じるのか。この差は一体、何?
もし、雑誌で広告が入って 300円、広告無しで 600円だったら、どちらを買いますか?

極端ですが、そんな事を感じた今日この頃です。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin