Apple 第4世代 iPad、iPad mini 発表

Apple が 10月23日(日本時間24日)、第4世代目となる iPad Retina モデル と 7.9 inch ディスプレイの iPad mini を発表しました。

iPad 4th

第4世代の iPad Retina モデル(iPad 4th)は、第3世代 iPad(iPad 3rd)からたった 7ヶ月という短い期間での登場となります。
iPad 3rd からの変更点として、Dock コネクタから iPhone 5 で採用された Lightning コネクタへの変更、A5X から A6X プロセッサへ変更、FaceTime の HD 化、LTE の対応(WiFi+Cellulrar モデル)が主な内容となっています。
Apple A6X プロセッサは従来よりも約 2倍のパフォーマンスを発揮しつつも、バッテリー駆動時間は変わらず 10時間となっています。

販売価格は以下の通りで、Wi-Fi モデルの予約は10月26日から、発売は11月2日から。WiFi + Cellulrar モデルは、それ以降の発売となっています。

Wi-Fi モデル

  • 16GB - 42,800円
  • 32GB - 50,800円
  • 64GB - 58,800円

Wi-Fi + Cellulrar モデル(日本国内では、au, SoftBank で販売)

  • 16GB - 53,800円
  • 32GB - 61,800円
  • 64GB - 69,800円

アップル - iPad - 鮮やかな体験を、2倍の速さで。

iPad mini

そして、多くの人が待っていた(と思う)iPad mini がついに登場!
iPad mini の使用は、iPad 2 を小型化した感じで、主な使用は以下の様になっています。

  • 7.9inch ディスプレイ
  • Apple A5 プロセッサ
  • 解像度 1,024 x 768
  • LTE 対応
  • Lightning コネクタ採用
  • HD 化された FaceTime

販売価格は以下の通りで、iPad 4th 同様、Wi-Fi モデルの予約は10月26日から、発売は11月2日から。WiFi + Cellulrar モデルは、それ以降の発売となっています。

Wi-Fi モデル

  • 16GB - 28.800円
  • 32GB - 36,800円
  • 64GB - 44,800円

Wi-Fi + Cellulrar モデル(日本国内では、au, SoftBank で販売)

  • 16GB - 39,800円
  • 32GB - 47,800円
  • 64GB - 55,800円

アップル - iPad mini - ミニなのは、サイズだけ。

さてさて、個人的には iPad 4th よりも iPad mini が欲しいわけで、今、所有している iPad 2 からの乗り換えとなると、ボクは Retina ディスプレイの iPad もってないじゃん!て事になります。oh, come back Retina display !! 戻るも何も持ってなかったじゃん。という突っ込みを自分でいれつつ、Online の Apple Store で予約しようかなと考えています。

まあ、余談ですが、見ていた人はお分かりですが、イベント内で Phil Schiller が、名前を出しませんでしたが Google Nexus 7 とおぼしき端末を並べて散々コケにしてましたw
そして、その影に隠れて Zynga が大量のレイオフを行なっていました。

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム