iTunes 11 リリース

iTunes 11

Apple が iTunes 11 をリリースしました。
iTunes 11 では、以下の新機能が追加されています。

  • デザインを一新
iTunes で音楽、ムービー、テレビ番組を見つけて視聴するのがもっと楽しくなりました。美しいエッジトゥエッジデザインや、ライブラリにあるアルバム、ムービー、テレビ番組のデザインのカスタマイズ機能、"Store 情報"をクリックするだけでいつでもあなたにお勧めの項目をお知らせする機能など、きっとご満足いただけるでしょう。
  • 新しい Store

iTunes Store のデザインも一新され、スッキリしたレイアウトにより、ホットな話題について知ったり、新しいお気に入りを見つけたりするのがこれまでになく簡単になりました。

  • 購入した項目を iCloud から再生

Apple ID でサインインするだけで、iCloud にあるあなたが購入した音楽、ムービー、テレビ番組をライブラリ内に表示できます。ダブルクリックして iCloud から直接再生したり、デバイスとの同期やオフライン中の再生のためにコピーをダウンロードしたりすることも可能です。

  • 次はこちら

次に再生される曲が、1 つの場所から簡単に分かるようになりました。センターディスプレイの"次はこちら"アイコンをクリックすれば、すぐに表示されます。曲の並べ替え、追加、スキップもいつでも行えます。

  • 新しいミニプレーヤー

さらに小さなスペースでさらに多くのことをできるようになりました。再生中の曲の表示に加えて、アルバムアートが表示され、"次はこちら"が追加され、再生したい新しい曲が見つかりやすくなりました。これらすべてがさらに小さくエレガントになったデザインに組み込まれています。

  • 強化された検索機能

iTunes で探し物をするのがこれほど簡単になったことはありません。検索フィールドに入力し始めるとすぐに、ライブラリ全体から検索結果が返されます。結果から項目を選択すれば、その項目をすぐに操作できます。

  • 再生の同期

ムービーやテレビ番組をどこまで再生したかは iCloud が記憶しています。iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV で同じムービーやエピソードを再生すると、ちょうど続きのところから始まります。

この様なデザインの一新、iCloud との連携など、様々な機能が追加されています。
iTunes 11 を使ってみた雑感として、残念な部分を。

まず、これまで、アプリ一覧画面で Command + R で更新確認ができたのですが、iTunes 11 では「アップデートの確認」ボタンをクリックしなければなりません。このあたりはデグレードと言えます。
次に、iOS デバイスとの同期について。
これまでは「新しい App を自動的に同期」にチェックをしていると、新しくアプリをダウンロードした際、サイドバーからデバイスを選択し、アプリタブを開くと新しくダウンロードしたアプリが iTunes のデバイス画面に表示され、画面下部の「同期」ボタンが「適用」「元に戻す」に変わっていましたが、iTunes 11 では「同期」ボタンのままです。
「新しい App を自動的に同期」にチェックしたまま「同期」ボタンをクリックすると、変更があったのか分からないまま同期するという事になり、新しくダウンロードされたアプリが、全て iOS デバイスにインストールされてしまう事態になります。
「新しい App を自動的に同期」のチェックを外しておけばいいのですが、ちょっと不便にも感じます。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin