写真に記録された位置情報の注意

iPhone や Android、Windows Phone などのスマートフォンで撮影した写真、機種にもよるけどデジカメで撮影した写真にも位置情報、ジオタグが記録されます。
この機能は、旅行や出先で良いお店やスポットを見つけた時にブログや Twitter へ投稿したりと、それは便利な機能だと思います。しかし、Twitter で見聞きした中で、写真に記録されたジオタグから自宅や自宅周辺がバレてしまい、ストーカー行為を受けた方もいます。
こうした被害があると、常日頃、写真にジオタグを記録しないように、プライバシー設定で位置情報へのアクセス許可をオフにしておくのが一番だとは思います。でも、ジオタグを使い写真を便利に楽しく使っている方もいるので、誰でも、必ずしも、こうした設定を推奨はするものの、強制する事は出来ません。

ただ、Twitter for iOS など、アプリによってはジオタグを強制的に削除して投稿する様になっているものもあります。Instagram では、フォトマップ機能をオフにしても、写真にジオタグが記録されてしまうそうです。アプリの設定を信じて、投稿したら実際には消えてなかったという事もあります。

つまり、不特定多数の人が見る事が出来る場では、特に自宅や自宅付近では写真にジオタグを記録しないように注意する事が重要となります。
ですが、過去に撮影した写真でジオタグが記録されているかどうかも分からない状態のものを投稿してしまう可能性もなくはありません。

写真には思いがけない重要な個人情報が含まれている可能性があり、ある意味、危険なものに化けてしまいます。
こうした被害を防ぐ為にも、普段から自宅周辺では位置情報へのアクセス許可をオフにするという方法の他、アプリでジオタグを削除するという方法もお勧めしたいと思います。

お勧めするアプリはボクの自作アプリでもある「Loooks」というアプリです。
このアプリを使用すると、写真にジオタグが含まれているかの確認と、ジオタグが含まれていた場合に、ジオタグを含む EXIF 情報を削除し、写真をカメラロールへ新規保存する事ができます。防衛策として、こうしたアプリを使用し、ジオタグを削除してから投稿するという一手間を掛けるのも一つの手だと思います。

また、ジオタグが含まれた写真を開くと、iOS 標準の地図アプリか Google Maps で、何処で撮影した写真なのかを確認する事も出来るので、思い出を振り返る事も出来るのではないでしょうか。

Loooks の使い方はこちらをご覧ください。
iPhone で写真から位置情報を簡単に削除するアプリ「Loooks」

Loooks - デジカメ写真の EXIF ビューワー&削除ツール 1.0.3(無料)
カテゴリ: ユーティリティ, ライフスタイル
販売元: Takahiro Ishihara - Takahiro Ishihara
Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin