中小企業のグループウェアの導入について思った事

体験談というところですが、中小企業においてグループウェアの導入は、やる気がないと出来ない。

やる気という事もそうですが、メール文化というものですかね?情報のやりとりにはメールでやってしまった方が早いというのと、少人数体制の会社では、口頭で伝える、メモを取るという事が手っ取り早い。そして、悪癖というも言うか、こっちの方が簡単だと言う事で、プリントアウトして手書きで指示。確実ですね。字が汚くて読めないのは別として。

そういう業務については、それでも、まあ良いとします。
しかし、ウェブという業界に居るのですから、それなりに業界の流れ、流行り廃り、スタートアップのサービスについても意見のやりとりをしたいとも思います。というか、それやらなきゃ置いてきぼり。
サービスや事情のやりとりは、ログ残しておきたいし、実際に使ってみた感想なんかも欲しい。

で、実際に導入してみて使われているものは Yammer だけです。PC のクライアントが Adobe AIR でマルチだけど UI はイマイチ、よく落ちる。
しかし、チャットみたいなツールですが、ほとんどは業務報告だけ。まあ、それだけでも十分と言えば十分です。
ただね、これは個人的な考えになってしまうのですが、仕事以外でも何かしらのやりとりがあってもいいんじゃないかと。別に粘着にやる必要も無いです。使うなら面白、楽しく使ってみたい。そんな希望です。

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム