Google Chrome 9月1日から Flash 広告を停止

以前は Flash コンテンツというものが流行った次期もあったと思いますが、度重なる脆弱性やウェブブラウザでコンテンツを見る際の足枷になってきた Flash 広告を Chrome ブラウザで表示した際はデフォルトで 9月1日より停止する事となりました。
ウェブコンテンツを見る際の閲覧スピード、電源に接続されていないラップトップのバッテリー消耗を抑える事に貢献することとになるでしょう。

Flash といえば YouTube ではビデオを HTML5 へ切り替え、Facebook もサポートしない事を発表している。
こうした流れから Flash の技術はいずれ終わりを告げるかもしれませんね。

自分で使っている PC には Flash Player すら入れてないですし、それで今まで困った事もないんですけどね。

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム