メッセージアプリの暗号化にオプトインは不要

スマートフォンで使用されている WhatsApp、Facebook Messenger、LINE などで、送受信されるメッセージをエンドツーエンドで暗号化されています。Facebook Messenger はまだかな?夏予定らしいが。

このエンドツーエンドの暗号化は、メッセージを送信する側で暗号化され、受信する側で復号化されます。メッセージがサーバーを経由したとしても、サーバーには平文で保存されない為、メッセージサービスを提供する側でも内容を見る事が出来ないようになります。
ですが、暗号化機能を盛り込んだとしても、オプトインしなければならない、要は機能をオンにしなければならない、というのでは意味がないのでないかと思います。オンに出来るのであればオフにすることも出来るのですから。
WhatsApp が暗号化を実装した際、それはオンもオフも出来なくなっています。また、WhatApp は、暗号化キーを保有していません。その為、情報の提供を求められても開示する事が不可能となっています。つまり、やるならここまでやらないと、全く意味がないということです。

このオプトイン方式を採用しているのが LINE の Letter Sealing、実装予定の Facebook Messenger です。他にも Telegram と Google の Allo も同じらしいです。Telegram はセキュリティは万全とか言う話しを聞いたような気もしますが、蓋を開けてみたら暗号化されていなかった!なんて事態もあるみたい。

これらメッセージアプリの中で Facebook Messenger は、マルチデバイスに対応してるから暗号化よりもまずはユーザービリティを優先したよ的な事を言っているみたいです。

とりあえず、暗号化できるモノはしておいた方が良いよといった感じです。

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム