html に php include で外部ファイルを読み込む

Movable Type や WordPress を使用してサイトを構築すると、テンプレートモジュールを include する事でメニューやヘッダー、フッターの共通化を行う事が出来ます。

ただ、MT、WP のテンプレートを使用した場合、メニューを変更したい時は、テンプレートを編集可能な権限でログインをしなければなりません。

業務等でテンプレートの編集が可能な権限を得られない、テンプレートを弄られたくないがメニューの一部や広告表示を権限なしでも編集出来る様にしたい。と言った場面もあります。また、MT の場合、変更内容を反映するのに再構築するのが面倒だったりします。

そうした場合、サイト全体を php 化する事が考えられますが、それも面倒なので .htaccess を使用して html ファイルを php だと認識させ、外部ファイルを読み込めるようにします。

まず、.htaccess に

AddType application/x-httpd-php .html

サーバによっては

AddHandler php-script .html

適用される方の一行を追加します。

次に、.htaccess ファイルをサイト全体に適用したい場合はルートフォルダに、特定のフォルダだけに適用させたい場合は対象のフォルダへアップロードします。

あとは、html ファイルの外部ファイルを読み込みたい位置に

<?php include("sample1.txt"); ?>

と言った感じで読み込みたいファイルを include します。

一度、設定しまえば対象のファイルをアップロードするだけで内容が反映されるので、サイト管理が楽になるかと思います。

Appshocker
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム