MT:環境変数を指定して CAPTCHA プロバイダエラーを修正

コメント投稿時、スパム防止の為に入力する認証用の読み難い英数字の羅列「CAPTCHA」が Movable Type には標準で実装されています。
Movable Type で「CAPTCHA」を有効にするには、サーバにPerl モジュールの「Image::Magick」が導入されている必要があります。
「Image::Magick」が使用しているサーバに導入されているかは、「mt-check.cgi」を実行すると確認できますが、「Image::Magick」が導入されているにも関わらず設定を開くと

CAPTCHAプロバイダがありません。Image::Magickがインストールされているか、またCaptchaSourceImageBaseが正しく設定されていてmt-static/images/captcha-sourceにアクセスできるか確認してください。

と、エラーメッセージが表示されている場合があります。

このような場合、「mt-config.cgi」に「CaptchaSourceImageBase」環境変数で、mt-static ディレクトリ内にある「captcha-source」フォルダまでの絶対パスを指定する必要があります。

記述例:

CaptchaSourceImageBase /path/to/mt/mt-static/images/captcha-source

CaptchaSourceImageBase | 環境変数リファレンス

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin