Safari 4 Public Beta リリース!早速インストール!

Apple の Web ブラウザ "Safari" の新バージョン "Safari 4" の Public Beta 版が一般に公開されました。
Public Beta 版の動作には、Mac OS X 10.5.6 および Security Update 2009-001、Mac OS X 10.4.11、Windows XP SP2以降、Windows Vista が必要です。
また、このバージョンは英語版のみの提供です。

Safari 4 は、新しい Nitro エンジンの搭載により、JavaScript の実行速度が Safari 3 の 4倍、FireFox の 3倍、IE7 に至っては 30倍速くなっており、Web ページの読み込みも FireFox 3、IE7 の 3倍以上だそうです。

Safari 4 には色々な新機能が搭載されていますが、ざっと触った中で個人的にいいなと思った点を 3つほど紹介したいと思います。

Safari 4 Public Beta - Top Site

■ Top Sites
Safari 4 を起動したら、この画面が出てきたので、びっくりしました。
これは、Google Chorme や Opera の後追い的な機能になりますが、よく訪れるサイトをプレビュー表示しワンクリックでサイトを訪問する事が出来ます。
メインブラウザが Safari なので、Google Chorme や Opera の同様の機能を殆ど使用した事はないのですが、Safari に搭載されたなら、不思議と使ってみようかと思う気になります。

■ Tab on Top
Safari 3 では、アドレスバーの下に表示されていたタブバーが、Safari 4 ではタイトルバーと合体しています。右端には新規タブボタンが追加されています。
今やブラウズするのにタブバーは必須ですが、ある位置によっても違うモノだなと思いました。
新規タブは、"コマンド + T" のショーットカットで使用していますが、見た目的に結構好きです。

Safari 4 Public Beta - Cover Flow

■ Cover Flow
ブックマークや履歴の Web ページを iTunes のアルバムアートを見るのと同様にプレビューを表示します。
気になったページを乱雑にブックマークする事が多いので、ブックマークをプレビュー出来るのは便利だと思います。
でも、プレビュー画像をモリモリとキャッシュしそうなのが気になります。

こう書くと、真新しい機能満載と言う感じではないですが、使い勝手の向上という意味では良いのではないでしょうか。
正式リリースが待ち遠しいです。

ただ、1Password のアドオンが弾かれるのはマイナスなので、メインの Macbook には、まだインストールしていません。

Apple - Safari 4の登場です。 目の前にひろがる新しいウェブの世界。

追記:
1Password 2.9.9 BETA-10 で、Safari 4.0 Public Beta に対応しています。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin