MT:静的ページでページ分割するプラグイン「PageBute」

記事のエントリー数が 50件を超え、アーカイブページが長くなってきましたので、アーカイブページを 1ページに表示する件数を指定し、分割したいと思います。

Movable Type でページ分割を行うには、様々な方法があり、主に、php 化を行い動的にページを分割する方法と、プラグインを使用し静的ページで分割する方法の 2つがあります。
動的にページ分割を行うには、Mobable Type を php 化しなければならない場合もあり、少し手間なので、プラグインを使用した静的ページで分割する方法で、アーカイブページを分割したいと思います。

今回、ページ分割に使用するプラグインは、スカイアークシステムさんの "PageBute" です。
"PageBute" は、スカイアークシステムさんのページからダウンロードを行って下さい。

スカイアークシステム - 静的ページ用ページ分割プラグイン:PageBute

ダウンロードした zip を解凍して出来た "PageBute.pl" を、Mobable Type の 「plugins」フォルダへアップロードします。
アップロード後、Mobable Type へログインし「システムメニュー > ツール > プラグイン」画面へ移動し、プラグイン一覧に「PageBute 3.x.x」がある事を確認します。

正しくインストールされていたら、今回はアーカイブページの分割を行いますので、ブログのテンプレートから「アーカイブインデックス」を開きます。
まず、<MTEntries> より前の行に

<MTPageContents count="5">

を記述します。
「count=」は、1ページに表示される件数です。指定しない場合は10件で区切られます。

次に、</MTEntries> より後の行に

</MTPageContents>

を追加し、続いてページ分割した際のナビゲーション部を追加します。

<div class="page-navi">
<MTIfPageBefore><$MTPageBefore delim="&lt;&lt;Previous"$></MTIfPageBefore>
<$MTPageLists delim="|"$>
<MTIfPageNext><$MTPageNext delim="Next&gt;&gt;"$></MTIfPageNext>
</div>

最後に、<MTPageContents> ~ </MTPageContents>の間の分割したい位置に

<$MTPageSeparator$>
を追加します。

「保存と再構築」を行い、分割されているか確認して、指定した件数分表示され、ナビゲショーンが表示されていた、静的ページでのページ分割は完了です。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin