Safari140 で Twitter へ気になるウェブページをダイレクトポスト

Safari140

Safariから、今、見ているウェブページのタイトルと、URL を短縮アドレスに自動変換して Twitter へポストする事が出来る様になる Safari 用 InputManagers プラグイン "Safari140" が便利です。

"Safari140" をインストールすると、Safari のファイルメニューに "Post To Twitter ..." が追加されますので、メニューから選択するか

Control + T

のショートカットキーで、ポスト用のウィンドウが開きます。

そのまま Enter キーでポストする事も可能ですが、初期状態で、ウェブページのタイトルがハイライトされていますので、タイトルをコメントに変えて URL をポストする時にも、Delete キーを押すだけでよいと言う、使い勝手を考慮された作りになっています。

URL の短縮には "is.gd" が使用されています。

Safari140 を導入してからは、Twitter クライアントソフトへ切替える必要も無く、サッとポストする事が出来るので重宝しています。

Safari140 - Twitter extension for Safari
is.gd URL Shortener - The Shortest URLs Around

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin