Mac OS X 10.6 Snow Leopard のデフォルト起動は 32bit モード?

Mac OS X 10.6 Snow Leopard の発売が目前になり、色々と情報が出てきています。
その中で気になったのが、Snow Leopard は Finder、Mail、Safari、iCal、iChat などのシステムアプリケーションが 64bit 化されパフォーマンスの向上が計られていますが、64bit Kernel がデフォルトの状態で起動するのは「XServe」のみらしいです。

64bit 完全対応の Snow Leopard、実はデフォルト起動は 32bit カーネル!? - マイコミジャーナル

また、起動には 64bit Kernel の他、合わせて、以下の 3つのパターンがあるそうです。

・デフォルトで 64bit Kernel が起動(Default)
・通常は 32bit Kernel だが、64bit Kernel でも起動出来る(Capable)
・32bit Kernel でしか起動出来ない

その内、現行 Mac はほぼ 64bit EFI となっていますが、32bit EFI を搭載している旧型の Mac は 64bit Kernel では、起動出来ません。
64bit Kernel で起動出来る "Capable" に対応している Mac は、以下の通りだそうです。

・Early 2008 Mac Pro / Mac Pro(MacPro3,1 / MacPro4,1)
・MacBook Pro 15/17(MacBookPro4,1)
・iMac(iMac8,1 / 9,1)
・UniBody MacBook Pro 15/17(MacBookPro5,1 / 5,2)

Snow Leopard Seeds Use 32bit Kernel, Drivers by Default

EFI が 32bit か 64bit かの確認は、ターミナルで

ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi

を実行し

"firmware-abi" = <"EFI64">

と表示されれば 64bit EFI を搭載しています。

Windows も 32bit 化が計られた時、実際は 16bit コードも含まれていて完全に 32bit 化されるまでに時間がかかりましたが、Snow Leopard も 32bit から 64bit へ移行する道程なのかもしれません。

しかし、動作が軽快になるのは良い事ですが、普段 PC を使用する際、32bit とか 64bit とかを気にしてはいませんから、ユーザとしては、ややこしい話ではありますね。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin