iTunes ライブラリを他の Mac へ移動

iTunes 9

iTunes 9 が発表されたので、これを期に、今まで Power Mac G5 で行っていた iPod Touch との同期を MacBook へ移行しました。

移行方法は単純です。
まず、ミュージックフォルダにある「iTunes」フォルダをコピーします。
次に、~/Library/Preferences/ フォルダから以下の初期設定ファイルをコピーします。既に同名のファイルがある場合は、念の為、バックアップを行ってから上書きします。

com.apple.iTunes.plist
com.apple.iPod.plist
com.apple.iTunes.eq.plist

イコライザの設定を変更している場合は「com.apple.iTunes.eq.plist」ファイルもコピーすると再設定の手間が省けます。

コピーが完了したら iTunes を起動します。プレイリストやアプリケーション等が以前のまま表示され、再生にも問題がなければ移行は完了です。

移行後は、最初の iPod 接続時にパスコードを求められたり、Store を利用していなかった場合には、iTunes のメニューから 「Store > コンピュータを認証」する必要があります。

Apple のサポートに「iTunes Music」フォルダを Mac 上の別の場所に移動する方法というもありますので、iTunes フォルダがデフォルトの場所にない場合等は、そちらも参考にしてください。

iTunes for Mac:「iTunes Music」フォルダを移動する

あとは、iTunes 9 でホームシェアリングをオンにすると」、iTunes Store で購入したものが自動的に複数の Mac 間でも同期されます。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin