Snow Leopard でアプリケーションを 32bit モードで起動する

32 ビットモードで開く

64bit 化された Snow Leopard ですが、サードパーティ製品の全てが 64bit 化されている訳ではありません。Input Manager 等を使用する一部サードパーティ製品では、アプリケーションを 32bit モードで起動する必要があります。

アプリケーションを 32bit モードで起動するには、32bit モードで起動したいアプリケーションを選択し、ファイルメニューから「ファイル > 情報を表示」をクリック、または「Commad+I」のショートカットキーで、アプリケーションの情報を表示します。

表示されたアプリケーションの情報ウィンドウにある「32 ビットモードで開く」にチェックを入れ、アプリケーションの情報ウィンドウを閉じます。
以上で、選択したアプリケーションが 32bit モードで動作します。
64bit モードへ戻すには、再度、アプリケーションの情報を表示し「32 ビットモードで開く」のチェックを外し、ウィンドウを閉じます。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin