Analog x Digital で試行錯誤する

何かを創ろうとした時、いざ、創ろうと思っても何も思いつかない自分です。
頭を捻っても出て来ないモノは出ないので、日常の中で思いついた、ちょっとしたワードやフレーズ、形や型、思いついた事を忘れない様に、と言うよりも忘れてしまうのでメモ帳に書いています。
そんなメモ書きなので、人が見たのでは何かわからないモノから自分でも何だったのか分からないモノまで、有象無象にのた打ち回っているメモ帳です。

そんな中で、今の NEO-SHOCKER.COM のレイアウトが考え出されて?いたりもします。

発想のメモ書き

1枚目のこのメモは、ほぼ常時持ち歩いている MOLESKINE Plane Note Book / Large に、ふと思いついたモノを適当に走り書きしたやつです。
大雑把に、こんな配置でココにコレを置いて、この辺りにコレがあるのもいいな。と言った感じでザクザクと思いつきを書いています。

この時点では、こんなのが出来たらいいなー。程度なので、次は考えずにメモ帳は閉じて寝かします。

マトメのメモ書き

2枚目のメモは、大きさは先の MOLESKINE と同じくらいで厚みがあり、横罫の入ったハードカバーのメモ帳です。ヴィレッジヴァンガードで見た目で購入しました。
このメモ帳は、MOLESKINE に書いた中の形に出来そうなモノを纏め、出来るか出来ないかを判断しつつ、制作前に、そこそこ真面目に清書します。
この段階でも、いくつかのパターンを模索、取捨選択していきますが、全て書き出します。

構築の PC

最後に、PC 上での作業に入ります。この画像は、作成開始から後の方の状態です。
PC では、最終的に決定稿を出すので、清書で出されたモノを有力候補からパーツを配置していきますが、紙の上とのギャップが出るので、落胆しつつも、ここまで来たらやってやる!いや、ここまでやったんだからやらないと。まんどくさ。。。云々。まあ、色々な葛藤が脳内で展開されますが形に仕上げます。

こんなところが、今のワークフローとなっており、iPad の AutoDesk SketchBook Pro [iTunes Store] を購入して、落書きには申し分ない十分な機能を備えていますが、メモ帳に手書きする事の方が割と好きなのと、直感的な事を記すという点で SketchBook Pro が活用しきれていないです。メモ帳はデータが飛ぶという事も無いですし。

現在、メモ書きの部分で幾つかのネタが形に出来そうで、最近は更新間隔が空きがちですが、もっと間が空いてしまうかもしれません。以下が、その一部です。

動きがあったらブログには書きますが、生温かく見て頂けたら幸いです。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin