Mac OS X Lion で DHCAST128 認証方式を有効にする

Mac OS X Lion から AFP の認証方式が DHX2 へ変更され、Snow Leopard で使われていた DHCAST128(DHX?) という認証方式がデフォルトでは無効化されているそうです。

Lion へアップデート後、自宅の NAS へ AFP で接続出来なくなっていたので、どうしたものかと悩んだものの SMB で接続出来たので「いいかー」と思っていたのですが、よく確認してみると、いくつかのファイルとフォルダが SMB では使えないファイル名だったのか Unix 実行ファイルに化けていました。

調べてみると DHCAST128 は無効化されているだけみたいなので、設定を追加するだけで NAS やサーバを更新する事なく Lion で DHCAST128 で認証を行う事が可能になります。
メーカー製の NAS 等でアップデータの配信がいつになるか分からないといった場合には有効かと思います。

まず、ターミナルで Preferences フォルダのパーミッションを変更して書き込み可能にします。

sudo chmod o+w /Library/Preferences

次に、com.apple.AppleShareClient.plist から DHCAST128 を無効から除外します。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient  afp_disabled_uams -array "Cleartxt Passwrd" "MS2.0" "2-Way Randnum exchange"

最後に、Preferences フォルダのパーミッションを戻し、Mac を再起動すると DHCAST128 認証方式を使う AFP サーバへ接続が可能となります。

sudo chmod o-w /Library/Preferences

Lion Server の場合、以下を実行して再起動するとクライアントから接続出来るようになるみたいです。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient afp_host_prefs_version -int 1

無効にする場合は、以下を実行します。

sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.AppleShareClient afp_disabled_uams -array-add "DHCAST128"

Lion Server: Connecting to legacy AFP services - Apple
Mac OS X Lion connection error with AFP | Ulrik Christensen

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin