覚える人と覚え無い人

これは、あくまでボクの友人、知人の統計的なものですから、全てがそうだとは言えません。

パソコンやスマートフォン等の事で「覚える人」と「覚え無い人」がいます。

覚える人は「こういう事が出来るよ」「こうすると良いよ」などと説明すると「すげー」「なるほどー」「便利じゃん」と言って、使い方を理解して使います。

覚えない人は「こういう事が出来るよ」「こうすると良いよ」などと説明すると「へー、そういう事で出来るんだ。でも、何で、そうなるの?」「どうして、そういう事が出来るの?」と聞き返し、使い方よりも仕組みを知りたがります。
例えば、突っ返す様に「そういうものなんだよ」と返すと、「そうだけどさ、でも〜」と更に聞いてきますが、自分にも分からない事が沢山ある為、答えようがなくなってしまうのですが。。。
覚えない人は、仕組みが理解出来なければ分からない。だから、使えない。という様な傾向にあると思われます。

アクセルを踏むと車は前に進む。日常で車を運転する場合、気にする事はありません。それと同じだと思います。

IT 関連については、数年前では考えられない技術的なものや、それらの技術が詰まったものを手にする事が出来ます。しかし、それが日常となった場合、日進月歩の激しい業界では追いつく事は難しくあります。そうすると、理屈ではなく、ある程度の使い方を知っていれば以外と何とかなるんじゃないかなと思います。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin