なろうデベロッパーの禁止事項は運営に認知されたとしても対処しないので使い放題

小説投稿サイト「小説家になろう」には、開発者向けに「なろうデベロッパー」というサイトを公開しています。
なろうデベロッパーは開発者向けのサイトで、小説家になろうサイトの情報を取得する為の API 情報を公開しているサイトです。

まず、小説家になろう運営に対し、API を使用せず、小説家になろうサイトの HTML をパースしてデータを抽出してもよいか?と問い合わせを送りました。これに対し、「システムにて提供を行なっていない方法でのデータ取得を原則禁止とさせて頂いております。」と言う回答でした。
幾度かのやり取りの後、報告を受けたとしても対応する気はないのですか?と聞いてみたところ「当社側にて不適切と判断される行為が確認されました場合には、随時対応を行なっているものとなります。」と言う回答でした。

では、何が禁止事項なのか、例を1つを挙げたいと思います。

以下の画像は Charles という PC をプロキシとして使用し、通信ログを取るソフトで取った、とある、小説家になろうのクライアントアプリの通信ログです。そのスクリーンショットですね。

narou-developer-use-ban-not-judged-inappropriate1.jpg

大きい画像

注目する点は赤枠で囲んだ箇所です。
この赤枠の箇所は、サイトで公開されているテキストデータへ直接リンクするアドレスです。

小説家になろうでは、投稿された小説というはテキストデータでダウンロードする事が出来ます。ですが、それはブラウザでサイトを見た場合の話で、なろうデベロッパーでは、その API は公開されていません。
つまり、このアプリは API を使用せず、サイトデータをパースして情報を抜き出しているということになります。これは、最初に書いた「システムにて提供を行なっていない方法でのデータ取得を原則禁止とさせて頂いております。」に該当するものです。

この結果を小説家になろう運営に報告したところ、何ヶ月経っても一切対応しない、該当アプリにも変化なし。
API を使用せず、HTML をパースして情報を抽出する事は禁止事項だが、不適切と判断されない範疇に入る。もしくは、対応する気がないので、運営側が知っていても構わず使いたい放題と言えると思います。または、解析するだけの技術力がないので検証ができない。

挿絵も API で枚数は取得できますが、画像の URL は取得できません。小説のタイトルリストも HTML をパースしなければ取得できません。これらも、抜き出して表示している事も小説家になろう運営は知っています。ですが、一切対応していません。
他にも何かあった気がしますが、かなり前の事で忘れました。

これを見てどう判断するかは個々それぞれですが、実状、やりたい放題です。やったもん勝ちです。
私は、やる気をなくしてアプリをストアから消しました。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin