使い始めたら手放せない?!パスワード管理を簡単・便利にする「1Password」

1Password メイン画面

「1Password」は、一度、使い始めたら手放せない便利さのパスワード管理ソフトウェアです。

「1Password」は主に、Web フォームのパスワードを一元管理するソフトウェアで、フォームに入力したパスワードの保存、よく使うサイトのログイン画面からボタン一つで保存したパスワードを復元・自動入力してくれます。また、キー入力をしないので Keylogger 対策にもなります。

これだけなら、ブラウザの自動入力機能でもいいのでは?
と思ってしまいますが、ブラウザの自動入力機能だと、一つのサイトで一つの ID とパスワードしか保存してくれませんが、1Password だと複数のアカウントに対応し、ボタンから、どのアカウントの ID とパスワードを入力するのかを選択できます。

1Password Restore Login

複数のブラウザを使用している場合には、ブラウザごとにパスワードを保存しますが、アドオン機能により、保存した ID・パスワードを共有することができます。
対応しているブラウザは Safari, Firefox, Flock, Camino, OmniWeb, DEVONagent, Fluid, NetNewsWire になります。

1Password Strong Password Generator

ID とパスワードの共有機能の他に、パスワード自動生成機能もあります。
パスワードは覚えておかなくてはなりませんので、ある程度のパターンで考案してしまいがちですが、1Password では、パスワード自動生成機能により、ランダムで強固なパスワードを作成し、生成したパスワードも自動保存してくれます。

1Password Keychain Preferences

じゃあ、パスワードのバックアップはどうするの?
1Password は通常、Mac OS X 標準のキーチェーンにパスワードを保存しますが、初期設定で「Agile Keychain Format」という、一つのファイルパッケージへと変換してくれますので、このファイルを保存しておくことによりバックアップも容易になります。

1Password Sync with iPhone

さらに、1Password for iPhone を iPhone / iPod Touch にインストールすると、Mac で保存したパスワードと同期し、iPhone / iPod Touch からもパスワードの自動入力を使用する事ができます。

※バージョンアップで、Dropbox フォルダに保存したキーチェーンを同期する Dropbox Sync が追加されました。

ざっと紹介をすると、こんな感じになります。
1Password を最初に使い始めたのは、ライセンスを期間限定で無料配布していた時に「試しに使ってみるか」といった軽い気持ちだったのですが、使い始めたら手放せないです。
現在は、バージョンアップに共なり、無料ライセンス期限が切れてしまったのですが、直ぐに購入してしまいました。

Agile Web Solutions - 1Password

追記:
Facebook Connect や Twitter、Yahoo! 等、iPhone / iPad App へログイン情報を入力する際、1Password からパスワードをコピー&ペーストした場合、別の内容をコピーして上書きするまでクリップボードにパスワードが残ってしまいます。
パソコンと同じで、電源 OFF にすればクリップボードの内容は消えるだろう。と思っていたら、iPhone / iPad では電源 OFF にしても、再度、起動するとクリップボードの内容が残っています。

細かいですが、パスワードがクリップボードに残ったままになっているのはセキュリティの面を考慮すると、良くないのではないかと思います。

iPhone App で、クリップボードの内容を手軽に削除出来るアプリがないか iTunes Store 内を探したら、これといって無かったので、iPhone / iPad のクリップボードの内容を手軽に削除する iPhone App「WipeWrite PB」を作成しました。
もし、気になったら、ちょっと見てやってください。

WipeWrite PB - APP.NEO-SHOCKER.COM

Appshocker

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム