NEO-SHOCKER.COM

サービス間データ移行を可能にする Data Transfer Project は有用だろうか

Google、Facebook、Microsoft、Twitter の 4社が、サービス間でデータの移行を簡単に行える様にする「Data Transfer Project」を発表しました。

Data Transfer Project(以下、DTP) は、A社のサービスを利用してきたユーザーが、ある日 B社のサービスに乗り換えたいと思ったとき、DTP に対応しているサービスであれば、容易にデータを移行出来るようにするというものです。

例えば、写真データを移行する、アドレス帳を移行するというように、通常であれば、写真なら全てダウンロードしなければならないし、アドレス帳であれば対応した形式でデータをエクスポートや変換しなければならないなど。考えただけでも面倒な手間が不要となるそうです。

ですが、この DTP はそこまで有用に使えるのだろうかと思います。
DTP を発表した Google、Facebook、Microsoft、Twitter の場合、DTP が活用できそうなデータと言えば写真くらいではないだろうか。Twitter を除けばアドレス帳、Microsoft を除けば SNS への投稿。ぱっと思いつくものと言えば、このくらいだと思う。

結局は、異なるサービスでも、共通して搭載されている機能でなければ活用する点が少ないということになります。
ましてや、投稿データを扱うかは不明ですが、Twitter の過去の汚点を引き継ぎたいと思う人がどれくらい居るだろうかと考えてしまいます。また、他者の投稿を RT したものの扱いはどうなるのだろうかとか、Facebook のプライベート満載のデータを Twitter へ移行したらどうなるのだろうか、といった様に権利やプライバシーの点で問題になるのではないかと。

いくつかの問題点が容易に想像出来るところから、DTP は、そうやすやすと導入してはいけないものではないかと思います。

Data Transfer Project
GitHub Data Transfer Project

Chrome の拡張機能がウェブサイトからインストールを中止

ブラウザのアドオン、拡張機能というものは、Chrome な Chrome Web Store、Firefox なら Firefox Add-ons からダウンロードするか、デベロッパーのウェブサイトなどから直接インストールすることになります。

ウェブサイトからアドオンをインストールする方法をインライン・インストールと言うらしいですが、Google の思惑を外れ、ユーザーを騙そうとするものが問題となりました。この問題に対し Google は、Chrome Web Store のポリシーを変更し、インライン・インストールを利用不可としました。つまり、Chrome の拡張機能は Chrome Web Store からでなければインストール出来ないように変更しました。

ただ、これは全ての拡張機能が今すぐ利用できなくなるというものではありません。
まず始めは、2018年6月12日以降に新規で公開される拡張機能ではインライン・インストールを利用できなくなります。この段階では、既に公開されている拡張機能についてはインライン・インストールは可能です。
次に、2018年9月12日からは既存の拡張機能もインライン・インストールが利用できなくなります。
最後に、2018年12月にリリース予定の Chrome 71 からは、インライン・インストールの API を廃止し、機能そのものが排除されることになります。

Google としては、ユーザーを保護する為、この様な制限を設けることにしたようです。

Fire TV Stick
Fire TV Stick

posted with amazlet at 18.07.23
Amazon (2017-04-06)
売り上げランキング: 1

iOS 12 と macOS 10.14 Mojave 対応機種

iOS 12 と macOS 10.14 Mojave(モハベ)が発表されました。

iOS 12 はパフォーマンスが改善され、iOS 11.4 が搭載された iPhone 6 Plus と iOS 12 が搭載された iPhone 6 Plus で速度比較をすると、カメラの起動速度は 70% 速く、アプリの起動は 2倍速く、文字入力をする際のキーボードの表示は 50% 高速になるそうです。

macOS 10.14 Mojave は、ダークモードの搭載、Mac App Store リニューアル、32人まで対応の FaceTime、プライバシーやセキュリティの強化など、追加された機能や強化された機能が多数あります。

提供時期は 2018年秋を予定しているそうです。

そこで、気になるなの、対応機種です。iOS 12 と macOS 10.14 の対応機種は以下の様になります。

iOS 12 対応機種

  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s
  • 12.9inch iPad Pro 2nd
  • 12.9inch iPad Pro 1st
  • 10.5inch iPad Pro
  • 9.7inch iPad Pro
  • iPad 6th
  • iPad 5th
  • iPad Air 2
  • iPad Air
  • iPad mini 4
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2
  • iPod touch 6th

Google Chrome の隠し機能「Chromeクリーンアップ」

Windows 版 Google Chrome にはアンチウィルスソフトと同じように、パソコン内部をスキャンしてウィルスを発見する隠し機能「Chromeクリーンアップ」が存在しています。

使い方は Chrome を起動したら、アドレスバーに以下を入力し Enter キーを押す。

chrome://settings/cleanup

そうすると、「パソコンのクリーンアップ」という画面が表示されます。そこで「検索」ボタンをクリックすると不審なソフトウェアを検出することができます。ただ、この機能はリアルタイムで不審なソフトウェアを検知する訳ではないのでご注意を。

Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール

しかし、Google のサイトを見ると、以下の様な内容が掲載されていますので、Google としては公表済みって事なんでしょうか。

Chrome を使って、パソコンに不審なプログラムや望ましくないプログラムがインストールされていないかどうかを検出できます。望ましくないプログラムが見つかった場合は、[削除] をクリックすると、そのソフトウェアが削除されるとともに一部の設定がデフォルトに戻され、拡張機能がオフになります。

不正なソフトウェアを手動で確認することもできます。

Chrome を開きます。

1. 画面右上のその他アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
2. 下部の [詳細設定] をクリックします。
3. [リセットとクリーンアップ] の下にある [パソコンのクリーンアップ] をクリックします。
4. [検索] をクリックします。
5. 望ましくないソフトウェアの削除に関するメッセージが表示されたら、[削除] をクリックします。

ただ、Windows 版 Chrome だけの機能で Mac 版 Chrome には搭載されていようです。

望ましくない広告、ポップアップ、不正なソフトウェアを削除する

Amazon Echo、チャコール (ファブリック)
Amazon (2018-04-03)
売り上げランキング: 3
Brave Browser