NEO-SHOCKER.COM

Windows 10 Anniversary Update のサポートが4月10日で終了

2016年8月2日にリリースされた Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1607)の半期チャネルサポートが 2018年4月10日で終了しました。今後、Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1607)には、更新プログラムの提供が行われなくなります。

Windows 10 バージョン 1607 半期チャネルのサポート終了 (2018年2月1日)

引き続き、更新プログラムの提供サポートを受けるには、Windows 10 Creators Update 以降へのアップデートが必要となります。

半期チャネルというのが、まあ、よく分からなかったですが、Windows 10 では3月と9月に年2回の大型アップデートが予定されています。これが6ヶ月の半期というとこですね。まあ、難しい事は考えずに年に2回、大きなアップデートがあるよと、一般ユーザーにとってはそれくらいでいいと思います。
それで、Windows XP は( ServicePack の話は置いておいて)すごく長いサポート期間があったのに、Windows 10 は切られちゃうの?という感じですが、この年2回提供される大型アップデートは、機能更新プログラムと呼ばれ、サポート期間が18ヶ月と設定されています。つまり、Windows 10 自体のサポートがスッパリと切られる訳ではなく、それぞれの機能更新プログラムのサポートが終了するという事になり、継続して更新プログラムの提供サポートを受けるには、サポート期間内に次の機能更新プログラムを適用しておく必要があるということです。

とりあえず、サーバーなどの様にパッと更新を適用できない環境でも無い限り、Windows Update はしっかりやっといた方が良いですよ。

Windows as a service – What to know about software update management in Windows 10

Windwos の種類などについては、こちらを参照。

色々種類があった Windows 10

楽天が携帯電話事業へ参入、割当は 1.7GHz 帯

総務省が進めていた 1.7GHz 帯と 3.4GHz 帯の携帯電話用周波数の割当について、楽天が割当を申請していましたが、決定しました。(正式な交付は4月9日に行われる予定の交付式後)
割当は 1.7GHz で、目標とするサービス開始時期は 2019年10月。そして、2025年までに 6,000億円の設備投資をし、ユーザー数 1,500万人以上を目指すそうです。

現在は docomo の回線を借り受けた MVNO として楽天モバイルを提供していますが、携帯電話事業開始後は、順次 MNO に移行していく予定だそうです。

長らく続いた docomo、au、Softbank の3大キャリアに、ついに切り込んで行く 4つ目のキャリアが誕生(予定)です。
料金値下げ!と言いながらも全キャリア右へならえだった携帯電話料金に、本当の価格競争が勃発するのかが気になるところです。実際、料金について周りから聞く話は「高い」というのが殆どで、MVNO にすると「安いけどよく分からん」というものですから、楽天が MVNO 程とは言わずとも、他のキャリアよりも安い料金を打ち出してくれば面白い事にもなるなと思います。

第4世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設計画の認定 – 総務省

無駄に終わる対策、実はそんなに居ない SEO にこだわる企業

いくつものウェブサイトを仕事で作ってきました。制作なので、SEO 対策としていれるキーワードとかディスクリプションをそんなに気にしてはいませんでした。対策としては、組み込みやってたけど。

これは、MovableType や WordPress といった CMS で構築サイトとなるのですが、実は SEO にこだわっている企業、主に中小ですが、そんなに、いや、ほとんど居ない。明るみに出たのは、WordPress に入れていた SEO 対策のプラグインである All in One SEO Pack と Yoast が難しいといった話からです。
All in One SEO Pack と Yoast(以下 SEO プラグイン)を入れると、投稿画面に色々な設定項目が追加、表示されますが、これを見ると「?」と思って引いてしまうらしい。そもそも、記事一覧に表示する抜粋すら書かない人が殆ど(100% とも言う)で、はっきり言って無駄。不要です。
不要だと言うなら、例えば、とあるページだけ、もしくは幾つかのページだけ、タイトルタグを規定のパターンから外したものに変更できない、アーカイブ関連のページに手を入れられないと思うかもしれませんが、変えたいと言ってくる人なんていません。言うとすれば自社の営業くらい。

では、SEO に力を入れたいと言ってくる企業はどのくらいあるのか、数年に1件、数十件に1件が、異様な程に口うるさく言ってくる程度です。

この様な事が現実で、今までやってきた事は一体、何だったんだと。じゃあ、SEO 対策には何をやるのが良いか、それはブログを書かせる事で、下手な鉄砲も数打てば当たる。ただし、日記の様な内容は書かない。これが第一歩です。しかし、この一歩すら踏み出さないところも多いです。

ビジネスサイト制作で学ぶ WordPress「テーマカスタマイズ」徹底攻略
北村 崇 星野 邦敏
マイナビ
売り上げランキング: 204,899

総務省がパスワードを頻繁に変更するのは危険と言う

パスワードは定期的に変更した方が良いというは昔の話、いつの頃からだったか、今度は頻繁に変更するのは危険と言われるようになりました。
遅れ馳せながらも、日本でも総務省がパスワードを頻繁に変更するのは危険だと発表しました。

安全なパスワード管理 – 総務省

※「パスワードを複数のサービスで使い回さない(定期的な変更は不要)」の箇所。

何故、頻繁に変更するのは危険と言われるのか。定期的にパスワードを変更するという事は、都度、何かしら記憶し易いパスワードを考えなければならなりません。そうなると、1文字変えるだけ、覚えやすいフレーズを使ってしまう。これが連想しやすい組み合わせになったり、また、その人の規則性からパスワードを割り出しやすくなってしまうことに繋がるとか。

じゃあ、難しいパスワードを設定したらその後はどうするか、二段階認証等を設定し、幾つかの認証プロセスを踏まないとログイン出来ないようにする事が好ましいとされます。

Google アカウントを持っていたら、今まで何度も催促されているかもしれませんが、手始めに設定してみてはどうでしょう。でも、復元コードの紛失には気をつけましょう。

1Passwordパスワード安全管理超入門
インプレス (2015-03-18)
売り上げランキング: 60,515
Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で