NEO-SHOCKER.COM

新元号の発表は改元一ヶ月前、もっと早く!

現皇太子様の天皇即位が2019年5月1日、同時に、平成の終了と新元号への切り替えが行われる日となるわけですが、その新元号が発表される時期が改元の一ヶ月前を想定して準備を進めているそうです。
新元号の公表時期は「新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議」という会議で決めているようですが、一ヶ月前はないだろうと。一体、何が円滑なのだろうかと思います。

システムの問題と言えば、やはり 2000年問題ではないかと思いますが、意外と早く表面化していたようで、1989年に昭和から平成に元号が変わる際、同時に対応したり、1998年12月に小渕恵三首相が注意喚起をしたりと、早めな措置を取る、促すといった事をしていたにも関わらず、大きな問題となっていました。
何年も前から分かっていた事であったとしても大事でしたから、一ヶ月前ってのは、やめてくれと。

もし、一ヶ月でなんとかなると本当に考えているのであれば、2019年5月1日以降にも一部のシステムで平成が、一時的であるにしても、使い続けられるということを織り込み済みにする必要性はないとも考えられます。

本当に円滑に移行するのであれば、もっと早く発表してもらいたいところです。もしくは、システムは西暦に切り替えるとか号令を出すとかね。

新元号の公表時期は改元の1カ月前に 関係省庁が連絡会議の初会合 – ライブドアニュース

元号 全247総覧
元号 全247総覧

posted with amazlet at 18.05.17
山本 博文
悟空出版
売り上げランキング: 164,780

カウントフリーは通信の秘密の侵害に当たらないのだろうか

MVNO 業者が導入している特定サービスの通信量をカウントしない機能「カウントフリー」があります。
これは、利用者の通信を監視には該当しないのでしょうか。

以前、NTT グループが漫画村などのアクセスを遮断すると発表しました。この時、通信の秘密を侵害、検閲に当たるとの声があがりました。では、これと同じ様に、特定のサービスの通信量のみをカウントしないとした場合、プロバイダが利用者の通信を監視していることには当たらないのだろうか。

例えば、LINE モバイルは、カウントフリーに Twitter サービスが含まれています。これは、Twitter アプリからの通信がフリーになるのではなく、あくまで Twitter サービスの通信がカウントフリーになるというものです。つまり、Twitter アプリからの利用であったとしても、リンクを踏み、他のサイトをアプリ内ブラウザで表示した場合、それは Twitter サービスではないので通信量はカウントされることになります。この通り、同じアプリ内からの通信であったとしても、Twitter か Twitter ではないかと明確に分離される。

これは、プロバイダが利用者の通信を監視し、通信の秘密を侵害、検閲に当たると判断されるのではないかと考えられるのではないでしょうか。
しかし、利用者に不利益となることに関しては声を挙げるのに、利用者に有益となることに関しては声を挙げない業界団体は何をやっているんだろうかと思う。また、特定のサービスを優遇することにより、サービス利用者が増減可能性を考慮するなら、特定サービスの優遇措置だと、カウントフリーに含まれなかったサービスを運営する企業は、なぜ黙っているのだろうか(水面下では何かやっているんだろうけど)。

ただ、先の通信の秘密の侵害に当たると声を挙げた団体は、DNS ブロッキングによるセキュリティリスクも含めたこととなっています。カウントフリーで通信の秘密が侵害されている!と、わざわざ回避するような手間を欠ける人はそもそも居ないか、そのサービスを使わないでしょうしね。それに、何か抜け穴もありそうな気もしますし。

ちなみに、通信の秘密の侵害と言っていたのは、以下の団体だそうです。

  • インターネットコンテンツセーフティ協会
  • モバイルコンテンツ審査・運用監視機構
  • インターネットユーザー協会
  • 主婦連合会
  • 情報法制研究所(JILIS)

未だに終息しないブラウザ旧バージョンへの対応要望

Internet Explorer 8

実は、未だに終わっていないブラウザの旧バージョンへの対応要望。
はっきり言って、バカなのかと。

Microsoft は、サポート対象となっている OS にインストール可能な最新バージョンの IE のみが、OS と抱合せでサポートするブラウザとしています。つまり、Windows 7 なら IE11。

この Internet Explorer の旧バージョンへの対応、所謂「IE8 対応」。これを未だに言ってくるところがあります。どことは言わず、お役所。
2018年になって、まさかこの「IE8 対応」を拝むことになるとは思いませんでしたね。
更に、Firefox 21.0、Chrome 27.0、Safari 5.1.7 というオマケ付け。Opera はどこ行った?

Firefox は、バージョン 52 で Windows XP, Vista のサポートを終了し、Chrome は、バージョン 50 で同じく Windows XP, Vista のサポートを終了しています。Safari に至っては、Windows で出た最後のバージョン。更に書くなら、Android 2.3 と iOS 5 対応。

更に続いて、この要望に対し「セキュリティが確保されていること」。セキュリティガバガバのバージョンを指定し、セキュリティを確保しろと。しかも、ブラウザ側のセキュリティで抜かれても、こっちの責任。その掲げているセキュリティーポリシーって何だよと言いたくなる。

そんな古いものは入手出来ないと、突っぱねましたけどね。手に入らないものは、どうにもなりませんから。

ちなみに対応時の対価はゼロです。

Twitter のパスワードが保護されずに保存、ユーザーに変更を呼びかけ

Twitter

2018年5月4日、Twitter が全ユーザーに対し、パスワードの変更を呼びかけています。

Twitter 社の社内システムのバグにより、パスワードをハッシュ化(隠されていない)状態で保存されていた事が判明した為。
現在、バグは修正されていますが、少なくとも数ヶ月がこの状態だったようです。今のところ情報漏えい、ハッキングされた形跡はないとしていますが、予防措置としてパスワードの変更を推奨しています。

これを機に、二段階認証を設定しておくのも良いと思います。

メモ:Twitter で使用されているハッシングは bcrypt と言うものだそうです。

Twitter広告運用ガイド
Twitter広告運用ガイド

posted with amazlet at 18.05.04
高橋 暁子
翔泳社
売り上げランキング: 130,993
Appshocker
Brave Browser