BlackBerry Bold 本体の初期化と復元

BlackBerry App World の非互換性問題で、App World を削除しても Yatca が起動はするものの、Twitter のタイムラインを取得出来なくなってしまったので BlackBerry Bold 本体を初期化しました。

まず、結果から書きますと、BlackBerry Bold 本体(以下、本体)を初期化し、Yatca をインストールし直したら動作するようになりました。

では、以下から初期化の方法になります。

初期化をする前に、本体のデータのバックアップと、BlackBerry Internet Service にアカウントが無い方はアカウントの作成を行ってください。

BlackBerry Internet Service

データのバックアップは、BlackBerry Desktop Manager の「バックアップと復元」から行います。
初期化後、データを復元する際、全てのデータをバックアップから復元しないので「バックアップと復元」のオプションから、デバイスの追加メモリの「オンボードデバイスのメモリをバックアップ」のチェックを外してバックアップを行います。

バックアップのオプション

本体のメモリにデータが保存してある場合も、BlackBerry Bold と PC を USB 接続し、マスストレージモードで PC にデータをコピーしてください。

バックアップが完了したら本体の初期化を行います。
手順は、ドコモスマートフォンサイトにも掲載されていますので、そちらも参照してください。

端末の初期化|ドコモスマートフォンサイト

初期化はオプションの「セキュリティのオプション > 一般設定」画面からメニューボタンを押し、「デバイスデータの消去」を選択します。
警告が表示されますので「サードパーティアプリケーションを含める」にチェックを入れ「決定」をクリックします。

警告

「決定」をクリックすると

"blackberry" を入力して、デバイスデータの消去を確認します。

と表示されますので "blackberry" を入力し、初期化を開始します。

初期化

初期化には、40〜50分程かかると思いますので終了するまで気長に待ちます。

初期化が完了したら、セットアップウィザードを済ませ、メールの設定を行います。
メールの設定は、BlackBerry Internet Service にログインし、サービスブックの送信を行います。

サービスブック送信

サービスブックが送信されると、登録されているメールアドレスがメニューに追加されます。

続いて、データの復元を行います。
データの復元は、BlackBerry Desktop Manager の「バックアップと復元」の「詳細」から、バックアップデータを指定して復元します。

バックアップデータの指定は「詳細」画面左上にある「ファイル」から「開く」をクリックし、初期化を行う前にバックアップしたデータを選択します。
ファイル名を変更していなければ「Backup-(200x-xx-xx).ipd」というファイルです。

バックアップ詳細

バックアップデータを読み込むと、左の「コンピュータのデータベース」リストにデータ一覧が表示されます。

バックアップデータリスト

「コンピュータのデータベース」リストから復元するデータを選択し「>>」ボタンをクリックすると、本体へデータが送信され、指定したデータのみが復元されます。

ここで、「Application Permissions」を復元すると、以前にインストールしたアプリケーションデータが復元されてしまいますので指定しないで下さい。

以下、自分が復元したデータです。

・Address Book - All(アドレス帳)
・Memos(メモ帳の保存データ)
・Messages(送受信した E-Mail)

あとは、各種設定、必要なアプリをインストールして初期化と復元は終了です。

Appshocker
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

HonyaClub.com

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム