au IS01 8円運用から Android 1.6 決め打ちまで

IS01

au のクラムシェル型 Android 搭載スマートフォン IS01 を「月額 8円運用」という甘い囁きに誘われ、家電量販店で端末を新規 0円で購入?しました。

まず、新規で購入するにあたり、初月の請求金額は 8円になりません。
初月には新規購入時の事務手数料として 2,835円と、au の端末を所持していない場合、充電する為に「共通 AC アダプタ」を追加で購入する必要があり、これに 945円が掛かります。

共通 AC アダプタ 01(オプション品)- au by KDDI

次に、契約時に請求書の送付を不要にし、明細を確認する為に、後ほど「WEB de 請求書」を申し込みます。
家電量販店等で契約する場合、「安心ケータイサポート」等のオプションに加入する事が条件で端末代が 0円になるので、若干の追加料金が発生します。
オプションの加入は、契約した後、au のサポートセンターに電話をするか au SHOP で直ぐに解約できますので、日割りでの請求となります。

契約後、端末の初期設定に若干のパケットが発生します。

大体、合計 4,000円程度になると思います。

続いて、IS01 本体でパケット通信が発生しないように設定を変更します。
変更する箇所は「設定>通信>モバイルネットワーク設定」のデータ通信のチェックを外します。
このデータ通信のチェックを外すことでパケット通信が一切発生しなくなります。
※ au サポートセンターで確認。絶対に発生しないそうです。

これではネットに接続出来ないでの、同じく「通信」内の Wi-Fi 利用にチェックを入れ、Wi-Fi 設定を行います。Wi-Fi 圏内での使用と限定されてしまいますが、月額 8円で運用するという前提であれば問題はないかと思われます。

ついでに「設定>セキュリティ&位置情報>機能制限」で、音声発信制限にチェックを入れておくと、操作ミスや、お子さんがいらっしゃる方の場合、イタズラで勝手に電話発信されるという事もなくなります。

App のインストールは、AppBrain と Fast Web Installer を登録&インストールすると便利です。

AppBrain

ここまで来る段階で一度、端末のオールリセットをしてしまい、au one Market を再インストールしました。IS01 プリインストールアプリ再インストールは、GALAPAGOS SQUARE から QR Code を読み取って行えます。

IS01プリインストールアプリ|ダウンロード|シャープ アンドロイド (Android) | GALAPAGOS SQUARE

この辺りで、Android 2.x へのアップデートを期待しつつワクワクとしてきたのですが、au から IS01 のメジャーアップデート対応なしのニュースリリースを見ました。。

〈お知らせ〉 auのAndroid™搭載スマートフォンにおけるメジャーアップデートについて

ユーザの間では、メモリの少なさからアップデートは厳しいんじゃないか?という意見も出ていたそうですが、ショックなのは否めません。でも一応

KDDI、沖縄セルラーは、「Skype™ au」をはじめとするAndroid1.6対応のアプリケーションをそろえ、「IS01」の魅力を最大化するべく取り組んでいきます。
また、「IS01」および「Android.1.6」のサポートは継続します。マイナーな機能改善や不具合修正を行う「ケータイアップデート」についても引き続き提供します。

という事なので、少なくとも今後のサポートと Skype au には対応をしそうです。が、今までのケータイアップデートの状況からすと、1機種につき 2、3回もアップデートが出れば良いところなので、過度の期待はしないようにしています。

IS01 と言うよりは Android に興味があったので、横向き端末という少し変わり種ではありますが、入門機としては良かったのではないかと思います。

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin