NEO-SHOCKER.COM

新元号の発表は改元一ヶ月前、もっと早く!

現皇太子様の天皇即位が2019年5月1日、同時に、平成の終了と新元号への切り替えが行われる日となるわけですが、その新元号が発表される時期が改元の一ヶ月前を想定して準備を進めているそうです。
新元号の公表時期は「新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議」という会議で決めているようですが、一ヶ月前はないだろうと。一体、何が円滑なのだろうかと思います。

システムの問題と言えば、やはり 2000年問題ではないかと思いますが、意外と早く表面化していたようで、1989年に昭和から平成に元号が変わる際、同時に対応したり、1998年12月に小渕恵三首相が注意喚起をしたりと、早めな措置を取る、促すといった事をしていたにも関わらず、大きな問題となっていました。
何年も前から分かっていた事であったとしても大事でしたから、一ヶ月前ってのは、やめてくれと。

もし、一ヶ月でなんとかなると本当に考えているのであれば、2019年5月1日以降にも一部のシステムで平成が、一時的であるにしても、使い続けられるということを織り込み済みにする必要性はないとも考えられます。

本当に円滑に移行するのであれば、もっと早く発表してもらいたいところです。もしくは、システムは西暦に切り替えるとか号令を出すとかね。

新元号の公表時期は改元の1カ月前に 関係省庁が連絡会議の初会合 – ライブドアニュース

元号 全247総覧
元号 全247総覧

posted with amazlet at 18.05.17
山本 博文
悟空出版
売り上げランキング: 164,780
Appshocker
Brave Browser