NEO-SHOCKER.COM

Google Chrome の隠し機能「Chromeクリーンアップ」

Windows 版 Google Chrome にはアンチウィルスソフトと同じように、パソコン内部をスキャンしてウィルスを発見する隠し機能「Chromeクリーンアップ」が存在しています。

使い方は Chrome を起動したら、アドレスバーに以下を入力し Enter キーを押す。

chrome://settings/cleanup

そうすると、「パソコンのクリーンアップ」という画面が表示されます。そこで「検索」ボタンをクリックすると不審なソフトウェアを検出することができます。ただ、この機能はリアルタイムで不審なソフトウェアを検知する訳ではないのでご注意を。

Chromeブラウザが隠し持つ、最強の「迷惑ソフト」発見ツール

しかし、Google のサイトを見ると、以下の様な内容が掲載されていますので、Google としては公表済みって事なんでしょうか。

Chrome を使って、パソコンに不審なプログラムや望ましくないプログラムがインストールされていないかどうかを検出できます。望ましくないプログラムが見つかった場合は、[削除] をクリックすると、そのソフトウェアが削除されるとともに一部の設定がデフォルトに戻され、拡張機能がオフになります。

不正なソフトウェアを手動で確認することもできます。

Chrome を開きます。

1. 画面右上のその他アイコン その他 次へ [設定] をクリックします。
2. 下部の [詳細設定] をクリックします。
3. [リセットとクリーンアップ] の下にある [パソコンのクリーンアップ] をクリックします。
4. [検索] をクリックします。
5. 望ましくないソフトウェアの削除に関するメッセージが表示されたら、[削除] をクリックします。

ただ、Windows 版 Chrome だけの機能で Mac 版 Chrome には搭載されていようです。

望ましくない広告、ポップアップ、不正なソフトウェアを削除する

Amazon Echo、チャコール (ファブリック)
Amazon (2018-04-03)
売り上げランキング: 3
Appshocker
Brave Browser