Visual Studio for Mac をアップデートしたら、インストールした時と同じく、容量がギガ単位で減りました。

恐らく、ダウンロードしたデータが残っているものだろうと思い探してみると、

visual-studio-mac-update-fat-strage1.jpg

いっぱいありました。

ファイルの場所は以下。

~/Library/Caches/VisualStudio/7.0/TempDownload

はじめてのVisual Studio 2017―「Windows」「Android」「iOS」用アプリが開発可能な統合環境 (I・O BOOKS)
森 博之
工学社
売り上げランキング: 36,630
Xamarinプログラミング入門 C#によるiOS、Androidアプリケーション開発の基本 (マイクロソフト関連書)
増田 智明
日経BP社
売り上げランキング: 188,066

iOS 11 に対応した iTunes 12.7 がリリースされました。

しかし、アップデート後にびっくり!
これまでは、iTunes からアプリや着信音などを管理できましたが、iTunes 12.7 からは、音楽やムービー、テレビ番組、Podcast、オーディオブックに重点を置く仕様に変更され、アプリ、ブックなどの項目が削除されています。

itunes127-delete-app-store.png

これからはどうするのか?
iPhone、iPad の App Store から直接ダウンロードすることとなります。App の再ダウンロードについは、以下参照。

iTunes Store、iBooks Store、App Store から音楽、映画、App、ブックを再ダウンロードする - App を再ダウンロードする

Podcast は強化され、iTunes U が統合されています。

とまあ、もう端末管理に移行して、App、ブック、着信音などの同期はカットし、iOS の新しい App Store、iBooks、または"サウンド設定"を使用よという方針になったそうです。

アプリ、着信音を Mac で管理していたので、不便な変更としか言いようがないのが個人的な感想です。

Changes in the new iTunes - Apple

Withings Pulse O2 を長い間使って来ましたが、新しいものを買ったので、初期化、要はファクトリーリセットして工場出荷時の状態に戻す方法です。

Withings のページにヘルプで載っているかと思いましたが、そんな記述が見つからず、調べていたら YouTube にありました。

英語だか何だかで何を言っているか分からないので、動画を見て、こんな感じかなと言う操作方法です。

  1. 本体、左上のボタンを5回か6回押します。たぶん。
  2. 画面を右から左へ11回スワイプします。たぶん。
  3. ファームウェアのバージョンがひょろっと出てきます。更にスライドしていきます。
  4. "Factory rst 5" と表示になったら、本体のボタンを押します。
  5. ボタンを押していくと、数字が 5, 4, 3, 2, 1 と小さくなっていき、最後、0 になると、全てのデータがクリアされ、工場出荷時の状態へ戻ります。
Withings 活動量計 Pulse O2 ブルー【日本正規代理店品】
Withings (2015-04-16)
売り上げランキング: 184,481

2017年10月10日に終了するのは、色々種類があった Windwos 10 のうち、企業向け Current Branch for Business(CBB)の Windwos 10 version 1511 です。
Windows 10 Creators Update が、全てのユーザーで使用出来るようになったから終了するといった理由だそうです。

一般向けの Current Branch(CB)は、原則的に、最新のバージョンが出た時点で旧バージョンのサポートは終了する仕組みとなっています。

2017年11月1日に終了するのは、OneDrive デスクトップ向けアプリの Windows Vista 対応と OSX 10.9 対応が終了します。
サポート終了後も使用する事は可能ですが、アップデートの提供が行われなくなります。また、新規にインストールしようとすると、ブロックされてしまうそうです。

Mac 向けにリリースされた Visual Studio for Mac をインストールしてみました。
使い勝手が云々と言う前に、容量食い過ぎ。
先日、Macbook Pro Late 2011 が壊れて、Macbook Pro 13inch に買い替えたのですが、SSD は 256GB です。唯でさえストレージが 500GB から 256GB へ減り、キツイ中で 10GB 以上取られるのはやめてくれって感じです。

インストールされているデータを調べて容量を削るのは、おそらく無理なので、インストール時にダウンロードされたデータが何処へ行ったのか?そこからデータを削って見たいと思います。

visualstudio-mac-install1.jpg

インストール時、Visual Studio と纏めてインストールされるもの、、、Android SDK です。探ってみると、やはり、ダウンロードされたデータがどっさりと溜まっていました。

visualstudio-mac-install2.jpg

これで、大体 2.25GB。何度か Visual Studio for Mac をインストールし直してみましたが、このデータは Android SDK をインストールする為にダウンロードし、そのまま放置されているといった感じです。ということは、消しても問題ないのでは?と思い消しました。

ファイルの場所は以下。
~/Library/Caches/XamarinInstaller

Appshocker
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin